忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。


今回の記事は、ダイアヤンドの撥水性について書きます。

講談社の本で「ダイヤモンドの科学」という本があります。

この本の中にダイヤモンドの撥水性について 書かれてあるところがあります。

業者さんでしたら、ダイヤモンドに撥水性があることは まあご存知ですよね。

まあ、復習のつもりでご覧下さいね。 ^^





● 濡れないダイヤモンド


電気や熱の性質とともに、 ダイヤモンドで忘れてはならない特性がある。

それは、ダイヤモンドが水に濡れない、 つまり水をはじくという性質(撥水性)である。

同じ炭素からできていても石墨は水に濡れてしまうが、 これは結晶構造に由来する。

ふつうの環境下では、ダイヤモンドは 酸やアルカリ溶液にも濡れないので化学反応しない。

しかし、有機溶液や油には濡れるので、

これを利用してダイヤモンドを他の鉱物から 分離することもできる。

(略)

現在の多くのダイヤモンドは キンバーライトという岩石から採掘されている。

岩石を粉砕して、粒度をそろえ、 それらにまず水をかける。

たいていの鉱物や岩石片は水に濡れるので、

次にグリースをぬったベルトあるいはテーブルに それらを流すと、

水と油の関係でグリースにはじかれてしまい、

ベルトやテーブルには残らない。

ダイヤモンドだけがグリースにくっついて残ることになる。

こうしたダイヤモンドを物理的にはぎとって容器に集め、

グリースを溶かしてダイヤモンドを回収するのである。





こう書かれてありました。

業者さんでしたら、まあこういうことはご存知ですよね。

でも、改めて思いますが、この結晶の構造というのは 面白いですよね。 ^^

折角なので、プラチナの構造についても

業者さんは勉強されておかれるといいと思いますよ。

話のネタくらいにはなるだろうと思いますからね。 ^^



 宝石メモ・ブログ カテゴリ【宝石関連】(タイトル名も分かります)



2012・一覧 2011・一覧 2010・一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP
 



宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行


拍手[1回]

PR
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]