忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[848]  [847]  [846]  [845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840]  [839]  [838
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。



さて、今回の記事は勝負事について書きます。



世間には、徒なまでに勝負事を好む人が非常に多いですよね。

特に男性には多いですよね。



勝負事を好む人は、

パチンコをせねば、麻雀をしたり、

競馬・競輪などの方に気が向いたりしていますよね。

野球賭博とかね。

そこでハンデがどうのこうのとか言ったりしますよね。 ^^;

こんなもんですよね。 ^^;



こういう生き方もそれは人の勝手ですので、

あまりあれこれと言うものでもないのかもしれませんが、

たまには、以下に引用するようなことにも

思いを致して頂きたいように思いますね。



徒然草から引用させて頂きましょうね。 ^^





第百三十段


物に争はず、

己を枉(ま)げて人に従ひ、

我が身を後にして、

人を先にするには及(し)かず。


万(よろづ)の遊びにも、

勝負を好む人は、

勝ちて興あらんためなり。

己れが芸のまさりたる事を喜ぶ。

されば、負けて興なく覚ゆべき事、

また知られたり。

我負けて人を喜ばしめんと思はば、

更に遊びの興なかるべし。

人に本意(ほい)なく思はせて我が心を慰めん事、

徳に背けり。

睦しき中に戯(たはぶ)るるも、

人を計り欺きて、

己れが智のまさりたる事を興とす。

これまた、礼にあらず。

されば、始め興宴より起りて、

長き恨みを結ぶ類多し。

これみな、争ひを好む失(しつ)なり。


人にまさらん事を思はば、

ただ学問して、

その智を人に増さんと思ふべし。

道を学ぶとならば、

善に伐(ほこ)らず、

輩に争ふべからずといふ事を知るべき故なり。

大きなる職をも辞し、

利をも捨つるは、

ただ学問の力なり。





こう書かれてあります。


まあこれは、一度と言わず何度も読み返して下さいね。 ^^



かく言います私も勝負のことに触れてもいるので、

到底偉そうなことを書けた立場でもないのですが、

本当は兼好法師のおっしゃることの方が正しいことだとは思いますね。 ^^




勝負事のことを書いたついでに、

「ロンメル」のことも書いてしまいましょうね。

このロンメルという人は、ナチスの幹部の人で、英雄の人だったのです。



折角なので、この動画を全部ぜひご覧下さいね。 ^^


 動画 100人の20世紀「ロンメル」



この動画の最後に、こういうことを言っておりましたね。


「父は教えてくれました。

勇気を持つこと。

規律正しく生きること。

よく働くこと。

でも何よりも大切なのは

何のためにそれをするのかを見極めることだ

と教えてくれたのです。」


ロンメルの息子さんがこうおっしゃられましたね。



勝負事を好む人は、せめてこのくらいの気持ちは

持つようになって頂きたいですね。 ^^


そう大した目的もないのに

争いごとを好むようなことは避けるようにしましょうね。



世間の、徒なまでに勝負事を好む人を多く見ておりますと、

どうもこういう気持ちにはなってしまいますね。



拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]