忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。



世間には徒らなまでに自慢したがる人が多いですよね。

こういうオジサンやオバサンは、

このブログをご覧の貴方様の周りにも、きっと多いことでしょうね。



誰しも人間ですので、こういうことをしたくなる時はあるものだろうとは思うのですが、

しかしそれにしましても、

余りに度を越している人というのもね… ^^;



自慢しないとならない理由がきっとあるのでしょうね。



この自慢話についても徒然草に書かれてあります。


これを引用させて頂きましょうね。





第百六十七段


一道に携はる人、あらぬ道の筵(むしろ)に臨みて、

「あはれ、我が道ならましかば、かくよそに見侍らじものを」

と言ひ、心にも思へる事、常のことなれど、

よに悪く覚ゆるなり。

知らぬ道の羨ましく覚えば、

「あな羨まし。などか習はざりけん」

と言ひてありなん。

我が智を取り出でて人に争ふは、

角ある物の、角を傾け、

牙ある物の、牙を咬み出だす類なり。


人としては、善に伐(ほこ)らず、

物と争はざるを徳とす。

他に勝ることのあるは、大きなる失なり。

品の高さにても、才芸のすぐれたるにても、先祖の誉にても、

人に勝れりと思へる人は、

たとひ言葉に出でてこそ言はねども、内心にそこばくの咎あり。

慎みて、これを忘るべし。

痴(をこ)にも見え、人にも言ひ消(け)たれ、

禍をも招くは、たゞ、この慢心なり。


一道にもまことに長じぬる人は、

自ら、明らかにその非を知る故に、

志常に満たずして、終に、物に伐(ほこ)る事なし。





こう書かれてありました。



こういうことも一応は知っておきたいものですよね。



拍手[5回]

PR
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]