忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[833]  [832]  [831]  [830]  [829]  [828]  [827]  [826]  [825]  [824]  [823
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、ニュースを見ておりましたら、こういう記事がありました。







ブラック企業―日本を食いつぶす妖怪 [著]今野晴貴

[文]森健(ジャーナリスト)  [掲載]2012年12月02日

表紙画像著者:今野晴貴  出版社:文藝春秋 価格:¥ 809

■「根は日本型雇用に」と指摘

 就活の時期が来た。正社員の座を勝ち取るべく、学生は入魂の活動を始めていることだろう。だが、彼らが恐れている企業もある。ブラック企業だ。
 ブラック企業とは、違法ないしは違法スレスレの雇用形態で若者を食い潰す企業のことだ。若者を大量に雇用し、長時間勤務や不条理な命令で徹底的に酷使。脱落した者はうつ病に追い込み、自己都合で退職させる。離職の穴はまた大量採用で補い、同じことを繰り返す。大量募集、選別、使い捨て、無秩序が典型的なパターンだという。
 本書は若者の労働問題を扱うNPOの代表が受けた多数の相談がベースにある。実名入りの企業もあるが、匿名でも誰もが知る企業が含まれている。
 本書は、しかし、ただの事例集や告発に留(とど)まっていない。なぜこうした理不尽な業態が広がるかという要因、こうした問題が招く社会的な影響(精神疾患による医療費など)についても深く言及する。要因について衝撃を受けるのは、その根っこが従来高く評価されてきた日本型雇用にあるという指摘だ。終身雇用と年功賃金のかわりに強い人事権を付与する日本型雇用が変質する経済環境の中で、ブラック企業に悪用されている。
 身を守る対策も記されており、学生のみならず、すべての社会人にも読まれるべき書だ。
    ◇
 文春新書・809円




真吾オジサンはもの好きで、昔はこういう本もよく読んでいたものですが、

最近では年のせいか横着になりまして、

あまり読まなくなってしまいました。


こういう本・宝島社のような本は、

社会勉強にもなるんですよ。


でも、あんまりこういう本を沢山読みますと、

気分がブルーになってくるのです。

これも経験的にそういうことが言えると思います。



でも、若いうちにこういう本を読んでおくのもいいと思いますよ。


世間には、ハレとケというものがありますからね。


このハレの方は人とか企業は殊更に言いたがるとしたものですが、

もう一つのケの方はなかなか表面化しないとしたものですからね。

マスコミも綺麗事ばかりを言い続け・書き続けておるに過ぎないですからね。


こういうケの世界は

こういう本にも目を通しておくに越したこともないように思いますね。


といいますのも、こういことに好奇心で変に関わりますと、

変なことに巻き込まれる可能性もないとも言えないですからね。



♪ ここは東京 何かも 

  ここは東京 嘘の街 ♪


 動画 藤圭子 女のブルース


東京に限らず、平成濁世の日本なんて

どこもかしこもこういうどうしようもない面はあるとも

本当は思いますけれど、

まあ痛い目にあわないうちに、予防接種の意味で、

こういう本も読んでおくにこしたこともないと思いますね。



以上、今回の記事は老婆心で書きました。 ^^



 宝石メモ・ブログ カテゴリ【仕事一般】(タイトル名も分かります)



2012・一覧 2011・一覧 2010・一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP
 



宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行


拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]