忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[850]  [849]  [848]  [847]  [846]  [845]  [844]  [843]  [842]  [841]  [840
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。


今回の記事は、懈怠の心について書きます。


何事に限らず、

心を集中させることは大切なことなのではあるまいか?

と思うことはありますね。


こういう気持ちである対象に向かっているときには、

いろいろと進歩することもあるように思いますね。


ただ、人間ですので怠けることもありますよね。

いい加減にすることだってありますよね。



このことについて、徒然草に書いてあるところがありました。

なので、今回も徒然草から引用させて頂きましょう。





第九十二段


或人、弓射る事を習ふに、

諸矢をたばさみて的に向ふ。

師の云はく、

「初心の人、二つの矢を持つ事なかれ。

後の矢を頼みて、始めの矢に等閑(なほざり)の心あり。

毎度、ただ、得失なく、

この一矢に定むべしと思へ」

と云う。

わずかに二つの矢、

師の前にて一つをおろかにせんと思はんや。

懈怠の心、みづから知らずといへども、

師これを知る。

この戒め、万事にわたるべし。


道を学する人、

夕には朝あらん事を思ひ、朝には夕あらん事を思ひて、

重ねてねんごろに修せんことを期(ご)す。

況んや、一刹那の中において、

懈怠の心ある事を知らんや。

何ぞ、ただ今の一念において、

直ちにする事の甚だ難き。





こう書かれてありました。


これが本当であろうなと思いますね。

このくらいの気持ちで万事のことに向き合うようでしたら、

大概のことは何とかなりそうな気持ちは致しますよね。



拍手[1回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]