忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[222]  [221]  [220]  [219]  [218]  [217]  [216]  [215]  [214]  [213]  [212
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、今回の記事は、クレジットの再分割の問題について書きます。


もう随分前の記事になりますが、

岡崎昴裕著「自己破産の現場」という本を

記事で紹介をさせて頂きました。


この本は、業者さんにも、多くの消費者の方々にも

ぜひ、一読して頂きたい本です。


この本に、クレジットの再分割について

触れておられるところがあります。



引用させて頂きますね。




まず、クレジットと貸金の大きな違いは、

貸金の場合は、元金に対して利息が付加され、

支払いが継続されて元金が減ると、当然金利も減っていく。



だが、再分割されるとなると、これがとんでもないことになる。


再分割とは、カード系クレジット会社が信販会社が、かつて好んで使っていた、

多重債務者や不良債務者の救済手段のひとつだったが、

これがとんでもない喰わせ者で、

いたずらに債務額を増やす非合法的な手段ではないか、

とクレ・サラ被害者の会などから、指摘されたこともあるシステムである。



再分割は、割賦契約(アド・オン)であろうと貸金であろうと

カード契約(リボルビングとアド・オン、一括払いが混在している)であろうと、

その時の残高を元金として設定し、

一定のアド・オン金利を上乗せして、

月々の金額を再設定するという遣り方を取る。



たとえば、ある人物の債務が、46万円残っていたとする。

突然支払いができなくなったが、

月々の支払額(例えば3万円としよう)の半分(1万5千円)なら払えるとする。


そんなとき、あからさまに勿体ぶって、債権回収の担当者が

債務者に勧めるのが、再分割なのである。


契約の種類を問わず、すべてアド・オン方式の契約に変更する。

契約とは、もともとすべての原型となる契約に基づくのが基本だが、

それは無視される。



こんな計算式になる。


460,000円×0,65%(固定アド・オン利率)=2,990円


この2,990円が、1か月の利息で、これに支払い回数をかける。


3年払いの場合なら、×36回だから、


2,990円×36回だから


2,990円×36=107,640円


460,000円+107,640円=567,640円


これを36回で割ると、


567,640円÷36回=15,767・777・・・円。


これをクレジットの支払いの形態に近付けるために、

100円未満(あるいは10円未満)を初回に持ってくる

(各社によって相違あり)


100円未満を初回に持ってくると、下記のようになる。


第1回目・・・18,140円。

2回目-36回目まで・・・15,700円均等。


その外、これにボーナス加算であったり自由返済であったりと、

さまざまな返済方法が取られるのだが、

元の契約形態に囚われず、

債権者にとって管理しやすい支払い方法を取らされるのが、

この再分割という方法だった。


一見、支払いが難しくなった顧客にとっては、

このうえない救済方法のように思えなくもないのだが、

真実は非常に高金利であることがわかる。



先の例でいえば、元金460,000円に対し、

107,640円の利息が、3年間で付加されることになる。


23,4%


3年間で割ると、1年あたり7,8%だから、

(それほど高くはないのではないか?)

と錯覚する。

実はこれ、七八分法という計算方法に則って算出し直すと、

実質年率は14%を超えるのである。


(略)




と書かれてあります。


このブログをご覧の貴方、

「こういうのもありかな?」と思っては駄目ですよ。 ^^;


真吾オジサンに言わせれば

「こんな無茶苦茶な・・・」というお話だと思いますよ。 ^^;




金利計算に疎い方が非常に多いように思います。


消費者の方々のみならず、

事業をされておられるオヤジさんでも、

この金利計算に疎い方が非常に多いように思います。


真吾オジサンは、老婆心で心配してしまいます。




学校でも、正しい金利計算の方法をよく教えた方がいいと思います。

下らないことを教えるよりも、

卒業後に、必ずこの金利計算が出来るようになっていると違います。

間違いないことと思いますよ。



(つづく)



 宝石メモ・ブログ 岡崎昴裕著「自己破産の現場」について。

 宝石メモ・ブログ 個別信用購入あっせんの「アド・オン方式」について。


 宝石メモ・ブログ カテゴリ【信販について】(タイトル名も分かります)

 宝石メモ・ブログ 2011年1月~ 過去記事一覧表


2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行




拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
無題
ケロ助 URL
勉強になります。
2011/04/27(Wed)19:09:19 編集
ケロ助さんへ
真吾オジサン
有難うございます。
2011/04/28(Thu)06:49:19 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]