忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、今回の記事は「過量販売問題の背景」について書きます。


余り、消費者問題に当たっておられる先生方が、

指摘をされておられないように思うのですが、

真吾オジサンは、呉服にしろ、宝石にしろ、

この過量販売の背景には、卸の存在があるように思います。

過量販売をした小売店や、

クレジット会社だけの問題ではないように思います。



過去の過量販売問題の判決文や、訴状を拝見いたしますと、

「小売店とクレジット会社の共同不法行為」というようなことが書かれてありますが、

「小売店と卸との共同不法行為」とは書いていないように思います。

※ 真吾オジサンの無知・勘違いの場合は、どうぞご容赦のほど。 <(_ _)>



真吾オジサンは思うのですが、

この過量販売の被害者とされる方々の債権の確保のために、

卸も共同不法行為をしたという論理があってもいいのではないかな?と思います。


卸が主催する、エンドユーザーのための大きな展示会があるでしょう。

仮に、その大きな展示会の場で、過量販売が行われたとしましょうか。

そういう展示会での過量販売は、

小売店さんの問題も勿論あるのでしょうが、

卸は何の問題もなかったというのは、真吾オジサンは違和感を感じますよ。


そのような展示会には、卸の営業の方も必ず多くいらっしゃるのですから・・・

所謂「囲い込み販売」とか「軟禁」とまで、

訴状に表現されるこの販売方法に

卸の販売員さんも関わっているはずですから・・・


「愛染蔵」は確か、

京都の卸の主催される展示会に参加していたはずですよね。


この京都の卸は、「愛染蔵」の販売方法を

本当に何も知らなかったのですか?


年にどれだけの額の取引をしていたと思っているのですか?

常識で考えれば分かることです。


真吾オジサンは、「消費者法ニュース」の会員でもありますので、

ここは消費者問題に当たっておられる先生方に考えて頂きたいところです。


クレジット会社と小売店だけを見ていては、

この過量販売の本当の姿は見えていないように思いますよ。  ^^

卸の存在を忘れては駄目ですよ。   ^^




2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]