忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[56]  [55]  [54]  [53]  [52]  [51]  [50]  [49]  [48]  [47]  [46
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


さて、今回の記事は「アドオン方式」について書きます。


このブログをご覧のあなた、この「アドオン方式」というのを御存知でしたか?



真吾オジサンの持っている「金融実務大辞典」によると、

「アドオン方式」 add-on system

金利計算方法の一種。最初借入額に単純に利率と期間を掛けて利息総額を算出し、

借入額と利息総額を加えたものを融資し、これを均等分割して返済する方式。

(略)

昭和49年3月以降割賦販売法施行規則の一部改正もあり、

従来のアドオン方式の金利表示については、実質年率で表示することになった。


と書いてあります。

よ~く覚えておきましょうね。  ^^



宝石を販売される会社が加盟店になっているクレジット会社の

個別信用購入あっせんをご利用になられた消費者の方は多いと思います。


ちょっと前には、「個品割賦購入あっせん」と言いました。


複写式になっている契約書です。


このクレジットをご利用されるときに、

信販会社の方か、宝石の販売員さんが、この金利計算をされていたと思うのですが、

実は、この計算方法が問題だったのです。

※  宝石の販売員さんは、失礼ながら、金利の知識は乏しい方が多いので、

   害意あって、その計算をしたのではない方のほうが多いと思います。


   
信販会社の方は、本当のところはご存知ですよね。  ^^;


この「アドオン方式」は、慣習的と、実質年率の計算が複雑なので、

今でも行われています。


でも、本当は良くないことです。

消費者と宝石の業者さんの無知が原因でこのようになっているように思うのですが、

ここは改善の必要があると思いますよ。

でないと、実は消費者の方々に、結果的に、

余計な利息を支払わせていることになるのですから・・・


この問題の解決は、クレジット会社にかかっているように思います。

また、こういうことが横行していることを、

マスコミももっと言うべきです。

消費者団体も言うべきです。


※ 今日書いた「アドオン方式」の問題は、宝石の業界だけの話ではないですよ。  

   某車のチェーン店などは、平気でこの「アドオン方式」の表を、

   店に大きくかけてあります。

   誰か、教えてあげないと・・・   ^^;





 宝石メモ・ブログ カテゴリ【信販関連】(タイトル名も分かります)




2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

拍手[3回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]