忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[132]  [131]  [130]  [129]  [128]  [127]  [126]  [125]  [124]  [123]  [122
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。


さて、今回の記事も、愛染蔵問題について書きます。


愛染蔵は、飛び込み営業もしておりました。


住宅地図を見て、大きな家を探し、訪問していたのです。

ただ、新築の家はローンの問題があるので、そこは避けていたのです。


必ず、4回、2日ごとに訪問していたというのです。


1回目は、訪問日時を記した名刺をポスティング。


2回目も、同じ時刻に訪問して、同様に名刺をポスティング。


3回目は、同じ時刻に訪問して、名刺に

「~地区担当になりました~です。失礼と思いましたが、3回目の訪問をさせて頂きました。」

ともコメントして、また訪問日時も記載して、ポスティング。


こうしていたのは、同じ時刻に訪問すると、相手の記憶に残るからだったのです。


次の2日は、わざと訪問をしないようにしていたのです。


すると、その狙われた人は、「あれ? 今日はどうしてこないのだろう」という気になるわけです。


4回目は、4日後に訪問。 このときは必ず顧客と会うのだそうです。

この時点では、顧客の方から顔を出すらしいのです。 ^^;


何度も何度も訪問して、相手にしつこいと思わせることがコツ?だったというのです。 ^^;



家の中に入れば、相手の身なり・言葉づかい・玄関の靴や花瓶・家の調度品などから、

大体の資産を予測していたのです。

こうした目利きとなれるよう、研修もしていたというのです。  ^^;



家族構成や、預貯金額などを聞き出し、顧客ごとのカルテを作成していたのです。


一旦会いさえすれば、ターゲットの女性に対し、

ホスト役や、息子役をたくみに演じ分けて対応し、

自尊心・母性本能をくすぐるようなことをしていたというのです。 ^^;


「髪を切りましたか?」とか「オシャレな靴ですね」などと、褒めちぎっていたそうです。

そうしているうちに、販売員が来るたびに、その女性は、変わっていくというのです。 ^^;


すっぴんで、髪がぼさぼさだったような女性が、

お化粧をして迎えてくれるようになるというのです。 ^^;


こうした下準備をしておいて、-警戒心を解いておいて-

「今度、僕に会いに来て下さい」などといい、展示会への勧誘をしていたのです。



でも、その女性は、呉服が当面必要ないことだってあるわけです。

今でもそうですが、この愛染蔵問題が表面化する前だって、

呉服離れは、相当なものだったはずですから・・・


で、その女性が「買わない」と言っていても、

「今どき、きものなんか着ないでしょう? でも見るだけならいいでしょう?」

と勧誘していたのです。


購入しやすいタイプの女性は、見栄を張る人、

御主人からかまってもらえない女性が多かったそうです。



(つづく)

 愛染蔵問題について。 その1

 愛染蔵問題について。 その2

 愛染蔵問題について。 その4

 愛染蔵問題について。 その5


 宝石メモ・ブログ カテゴリ【過量販売問題】(タイトル名も分かります)



2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

拍手[4回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]