忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [152]  [151]  [150]  [149
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さて、今回の記事は、たけうちの過量販売問題について書きます。


このたけうちの事件も、結構、昔の話になってしまいましたね。

愛染蔵が倒産して、しばらくして、このたけうちは倒産しました。



この問題も振り返ってみようと思います。

決して、もう昔の話・・・という問題でもないように思いますのでね。


たけうちは、あちこちにあったので、全国的に被害者も多いことでしょうね。


たけうちの元販売員の内部告発と言いますか、暴露話が、

「呉服過量販売被害救済の手引き」に書かれてあります。


これを拝見すると、このたけうちグループも阿漕なことをしていたものです。 ^^;

内部告発・暴露話なので、その分を引いて読んでも

随分、酷いことをしていたのだなぁと言わざるを得ないのです。


簡単にこの暴露話を紹介させて頂きましょうね。


詳しくは、「全国クレジット・サラ金問題対策協議会」さんが発行をされておられる

「呉服過量販売被害救済の手引き」を買ってご覧になられるといいと思います。

この本は、高額商品を扱っておられる業者さんのみならず、

多くの消費者の方々にもぜひ読んでいただきたい、非常に有益な本です。

過量販売が何たるかが、よ~く分かって頂ける本です。




このたけうちには、「販売マニュアル」がありました。

それは詳細なものだったそうです。

そのマニュアルの基本には、「4つの不安解消マニュアル」というのがあったのです。

① 似合うかしら?

② 必要かしら?

③ 安心かしら?

④ 支払えるかしら?

というものでした。


①の似合うかしら?には、

まず、プレゼント等でお客をつって、着物を巻きつけ、「キレイキレイ」の連発をして、

その顧客を洗脳してしまうのだそうです。 ^^;

「あなただけだから」などと、特別なお客なのだと殊更強調し、その気にさせていたそうです。


でもなかなか首を縦に振らないお客さんもいるわけで、

そういう場合には3~5時間もかけて売り込んでいたのです。

お客さんが契約しない場合には、販売員で取り囲んで、

店から帰らせないよう指導もしていたのです。


②の必要かしら?には、

「今度、一緒に京都に花見などに行きましょう。同窓会に着物で出席しましょう」

などといっていたようです。


③の安心かしら?には、

この不況時に、年に4,5件も出店しているくらいの会社だということをアピールし、

アフターサービスも万全ですともアピールしていたようです。


④の支払えるかしら?には、

クレジットを利用させるようにするのですが、このときに支払総額は言わないで、

毎月の支払の金額だけをお客さんにいい、

「これくらいなら支払えるでしょう」とかいっていたようです。



で、一回買えば、終わりとはならないのが、

このような会社の特徴といえば、特徴なのです。  ^^;


たけうちは、クレジット枠がなくなるまで、売り込むわけです。


この枠がなくなれば、もうお客ではないわけなのです。 ^^;


あとで、お客さんが、支払いに困ろうが、破産しようが、

知ったことではないといった感覚で販売をしていたそうです。




真吾オジサンは思うのですが、このような会社・その販売員は、

末永く、特定のお客様とお付き合いできるように・・・

という気持ちが不足しているのではないでしょうか?



業者さんの悪い言葉で、「押し込む」というのがありますが、

このような会社・販売員は、

どうやって特定の顧客に「押し込む」かしかを考えていないように思います。



「あの人は、~のようなことをした人なんで、押し込んでやんなさい。」

と、煽る業者が少なからずいることも、

純朴な消費者の方々は、この機会に知っておきましょうね。


一見、普通の業者さんに見えるようなところでも、

実は、裏ではこのような話をしているところもあるのだということも

消費者の方々は知っておきましょうね。


卸がこのように煽ることもあることも知っておきましょうね。 ^^


小売店が、「押し込む」努力?をしないと、不機嫌になる悪徳卸も

本当は実に多いのですよ。 ^^;



ここで、真吾オジサンが、そのようなことをする卸会社の名前を書いたら驚かれる方も多いでしょうね。

純朴な消費者の方は、「ええ!!」と驚かれる方も少なくはないでしょうね。 ^^;


消費者の方々は、値段が気になられない方もないことでしょうが、

値段ばかり見ていては駄目ですよ。

その会社が、顧客の幸福をどれだけ願っているかも見る必要があると、

真吾オジサンは思いますよ。



消費者法ニュースを定期購読して、

いろいろな判例に目を通している真吾オジサンはそう思いますよ。


安心できる会社・販売員さんは、顧客とって、本当は宝物なんだと思いますよ。

そのくらいに思われている方が、本当はいいように真吾オジサンは思いますよ。 ^^



2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


宝石メモ・ブログ  関連キーワード

あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行

拍手[6回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]