忍者ブログ
〓 Admin 〓
リンク・フリーです。  今年から不定期更新です。
[377]  [376]  [375]  [374]  [373]  [372]  [371]  [370]  [369]  [368]  [367
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

リンク・フリーです。



さて、今回の記事は、

ひそひそ話が増えると経営が悪化している可能性があることについて書きます。



東京商工リサーチさんが監修をされた本で、

「倒産しそうな会社が見る見るわかる」という本があります。



これも、勉強になる本でした。



随分前の記事に書きましたが、

真吾オジサンの父は零細企業の有限会社を経営しているのです。

数年前に、本当に倒産前夜になったのです。


これを真吾オジサンが助けて、3年ちょっとで、

対外的な債務をゼロにした経験があるのです。


真吾オジサンの数少ない自慢話になることだと思っております。 ^^


何とも思ってくれない方の方が、

圧倒的に多いのですけれどね。 ^^;



で、このときの経験が忘れられないので、

真吾オジサンは、割と今でも昔でも、

信用調査会社の上梓された本をよく目に通しているのです。



そんな真吾オジサンが、そうだなぁ~と思ったことが

この本のなかにありました。


それを今回は引用させて頂きましょうね。 ^^






28 ひそひそ話の電話が増える


社員の一挙手一投足に会社の危険度が現れる



● 整理整頓が行き届いていない


言い古されたことだが、

取引先の事務所、工場などの雰囲気や整理整頓が

行き届いているかどうかは、

危ない会社を見分けるための初歩的なポイントである。



<事例>


ある会社に調査で訪問したとき、びっくりしたことがある。

社長の机の上があまりに乱雑だったからだ。

この会社にはこれまで2・3回訪れていた。

いつも社長室に通されたが、

机がこんなに乱雑になっているのは初めてだった。

その乱雑さは、まるで手当たり次第に書類を机の上に

放り出した感じなのだ。

自分で整理するのがおっくうなら、

誰か部下にでも指示して整理整頓すればいいのにと思ったが、

何かに追われてそこまで気が回らないといった様子である。


帰り際に事務所内をさりげなく覗いてみた。

社員は沈んでいた。

というのも、いつもの大声での電話の対応が見られなかったからだ。

電話を口に寄せ、他の人に聞かれたらまずいことでも

話しているように、ひそひそ話なのだ。


社長の机の乱雑さと、社員のひそひそ話から、

この会社は長くないなと思った。

やはり、2週間後にこの会社は潰れた。



 ひそひそ話とひそひそ電話


経営が悪化すると、ひそひそ話が増えるのは理由がある。

社長が仕事そっちのけで金策に飛び回るようになると、

社員はそのことを敏感にキャッチするからだ。


電話でのひそひそ話しも同じことだ。

気分が昂揚しているときは、大声で話す。

ところが、会社が危ないと知ったら、気分は委縮する。

気分が萎えれば、声は小さくなる。


商談の電話でさえ、まるで秘密の電話をかけているように、

小さく弱々しい声になる。

これも心理的動揺を映し出しているのである。


机の乱雑さと電話のひそひそ話は、

最もわかりやすい危ない会社の兆候である。





こう書いてあります。



さらに、箇条書きでこのようにも書かれてありました。

これもついでに引用させて頂きましょうね。





いつもと違う社長室


(経営が悪化すると社長室も乱れる)


① デスクに書類が乱雑に置かれている。

② 未決済文書が多い。

③ 灰皿に吸い殻がたまっている。

④ 花びんの花が萎れている。

⑤ 応接セットが乱れている。

⑥ 秘書に電話を取り次がせない。

⑦ 外出中が多い、あるいはこもり気味だ。

⑧ 額縁が曲がったまま。




こうも書いてあります。



これ、その通りだと思いますよ。

こんなもんだと思います。


このひそひそ話なんかは、まあ、あることでしょうね。 ^^;

傾いた会社には隠したいことが山ほどもあるものなのです。


また、それに付け込んで、足元を見るようなことをする人も、

この平成濁世の日本には山のようにいるのです。


で、ひそひそ話となると・・・ ^^;


こんなもんなのです。



この社員・従業員のひそひそ話が増えているようになっているのは、

忠誠心の低下と、モラルの低下も少なからずあることでしょうね。


もう「次の仕事・職場をどこにしよう・・・」という気持ちにもなっているでしょうからね。

「もう、やってらんない・・・」ともなっているでしょうからね。


で、そうしたひそひそ話もあるはずですからね。



こうなると、経営する方からすると痛いですよね。 ^^;



ということで、御社の社長・社長室・社員がこのようになっていたら、

もう相当に注意をされた方がいいと思いますよ。



真吾オジサンに言わせれば、

その会社の人には、もう心の余裕がなくなっているので、

ひそひそ話などの良からぬこれらの兆候が現れるのだと思いますよ。



まあ、ひそひそ話などは、どこでもあることですが、

これが多すぎる・度を越しているようでしたらね・・・ ^^;



ひそひそ話の多いような会社には、今後はどうぞ、

ご注意とご警戒のほど。 ^^;




 宝石メモ・ブログ 倒産前夜について。


 宝石メモ・ブログ カテゴリ【倒産関連】(タイトル名も分かります)



2011年記事一覧 2010年記事一覧 カテゴリ一覧 宝石メモHP


あ行 か行 さ行 た行 な行
は行 ま行 や行 ら行 わ行


拍手[2回]

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (管理人しか読むことができません)
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
リンク
CIC
最新コメント
[02/04 ひよ]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
真吾
性別:
男性
ブログ内検索
P R
カウンター
フリーエリア
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
バーコード
Copyright(c) 宝石メモ ブログ All Rights Reserved.* Powered by NinjaBlog
* material by Pearl Box * Template by tsukika

忍者ブログ [PR]